説明します!!思春期ニキビと大人ニキビの違い

思春期ニキビと大人ニキビの違い

 

「ニキビ」と聞くと、思春期を思い出す人もいるのではないでしょうか。
大人になってからはそこまで頻繁に出来るものではなく、むしろ思春期はニキビだらけで学校に行っていたほろ苦い思い出がある人も多いのではないでしょうか。
思春期のニキビと大人になってからのニキビ。これらが同じものなのか違うものなのか良く分からないという人もいるかもしれません。
確かに、大人ニキビであっても思春期ニキビであってもニキビはニキビです。
状態そのものはほとんど同じものなのですが、原因が多少違うのです。覚えてて!!ニキビを治す方法 毛穴の汚れを取り除くことが重要です!!

 

・思春期ニキビが出来る理由

 

ニキビの原因は毛穴に汚れが詰まる事ですが、これは思春期でも同じです。
思春期もまた、毛穴に汚れが詰まる事によって「ニキビ」となってしまうのですが、思春期の場合にはどうしてもニキビが出来やすい環境が揃ってしまっている側面もあります。
具体的には、まず思春期はホルモンバランスが不安定ですから、過剰に分泌されてしまうケースもあります。
さらには成長期という事で体そのものも成長します。
つまり、毛穴も広がりつつあるのです。大人であれ思春期であれ、毛穴に汚れが入ることによってニキビが出来る点は同じなのですが、大人になればホルモンバランスも安定していますし、毛穴の大きさも安定しています。
つまり、ニキビになるリスクに関してはどうしても思春期の方が高いのです。

 

・興味のなさも原因

 

直接的な原因は思春期であれ大人であれ同じなのですが、思春期の場合、まだまだ「美容」に関して、大人とはどうしても差があります。大人であれば毎日のように自分の顔をチェックするものです。
それが身だしなみというものですが、思春期の場合、まだまだ美容に関してそこまで興味を持っていません。
ともすると自分の顔にニキビが出来ている事さえ分かっていないケースさえあるのです。
大人であればすぐに気付けるものの、思春期の頃ですと気付くのが遅れるだけではなく、更にはニキビに関しての知識がまだまだそこまでではありませんので、安易に潰してしまったり、むやみやたらに触ったりするなどしてかえってニキビを増やす原因を自分自身で作り出してしまっているケースさえあるのです。

 

・思春期の場合は周囲のケアが大切

ニキビ炭酸パック3
思春期の少年や少女に自分だけの力でニキビケアを行えというのは少々酷です。
思春期で何かと難しい年ごろではありますが、周囲の大人がニキビに関してしっかりと教えてあげるべきでしょう。
ですがどうしてもニキビが出来やすい時期ですので、完全に防ぐのは難しいのも事実です。
跡になってしまう事を踏まえ、潰さないようにとだけは教えておくべきでしょう。